東大を2回も留年した人のブログ

東大を2回も留年した人のブログです。このブログでセルフブランディングしテレビ出演を目指します。

「生きやすい社会を作るコミュ障の会」を設立します!

 

「生きやすい社会を作るコミュ障の会」を設立します。

 

「コミュ障の会」と銘打ってはいますが、コミュ障だけでなく(ここでいうコミュ障とはコミュニケーションを取るのが苦手な人くらいの意味です)発達障害の方やいじめ被害に合われている方、人間関係に悩んでいる方など、この社会に「生きにくさ」を感じている方に少しでも楽になって頂きたい、というのがこの会の趣旨です。

 

そのために、

①「コミュ障」等の理由で社会から疎外されている感覚を持ち、その結果「自己肯定感」を持てなくなってしまっている方に、少しでも自己肯定感を持ち肩の力を抜けるようにする

②社会の中で疎外感・孤立感を感じている方のための交流の場を作る

 

ことが重要ではないかと思っております。

僕自身もコミュ障であり、集団の中に溶け込めずに苦労した経験があります。誰にも相談できずに必要以上に悩み、精神を病むような状態になって留年したこともありました。

todairyunen.hatenablog.com

このような背景があることから、「僕と同様に社会の中で生きにくさ、生きづらさを感じてしまっている人達をどうにか元気にしてあげたい」という思いがあり、この会を設立するアイデアに至ったわけです。

 

この会の設立は実は昨日思いついたアイデアで、何も準備をせず見切り発車の状態ですが、現時点である程度の構想はあるため以下に紹介します。

 

①「生きにくさ」「生きづらさ」を感じている方のためのメディアを作る

「生きやすい社会を作るコミュ障の会」メンバーの体験談を掲載したり、ちょっとした企画を実施してそれを記事にしたりする予定です。

真面目な話題も記事になるとは思いますが、例えば「コミュ障が合コンに行った結果 w w w」のような記事も作って、悩んでいる方が肩の力を抜いて楽しんで頂けるようなメディアにしていきたいです。

また、このメディアを通じて集客し、社会から疎外感や孤立感を感じている方のための交流会開催へと発展させようかと考えています。

 

社会から疎外感や孤立感を感じている方のための交流会開催

普段周囲にいるような人には打ち明けづらい悩みであっても、似たような悩みを抱えている人になら話しやすい、といったことはあると思います。

そのため、社会から疎外感や孤立感を感じている方、何となく生きにくさを感じている方のための交流会を作り、一人で悩みを抱え込まないように場を提供することを考えています。

また、「友達、知り合いを作りたい」という方の交流会参加も歓迎します。

できれば、発達障害や精神医学に詳しい人やカウンセラーの経験があるような人を「生きやすい社会を作るコミュ障の会」のメンバーにして、こうした知識をお持ちの方も交流会に参加するようにすれば、かなり充実した会にできるのではと思います。

さらに、この交流会参加者から「生きやすい社会を作るコミュ障の会」メンバーを増やし、①のメディアの方に携わって頂いたり新たな企画を作ってもらうなど活動の拡充を目指していきます。

 

③「生きにくさ」を感じている方のための就労支援・進路相談

これに関しては①②を実施してメンバーを増やし、ある程度軌道に乗せてからではないと難しいとは思います。

しかし、「生きにくさ」を感じている方が行き詰ってしまうポイントが就職のことであったり、今後の進路であったり人生設計にあたる部分だと思うため、やはりこの辺りの支援事業を行う必要はあると思います。

ただ、現時点では全くの未知数です。

 

 

現在は昨日思いついたアイデアをブログに書いただけの状態であり、①~③をやるにしてもとにかく人が必要です。

したがって、「生きやすい社会を作るコミュ障の会」のメンバーを募集しています。

※この会のメンバーは「コミュ障」の方など生きにくさを感じている方限定の募集ではありません。特にメディア運営をするにあたってwebの知識がある人が必要ですし、心理学を専攻している方やカウンセラー経験者の方などもメンバーになって頂けると非常に心強いです。

 

少しでも興味を持たれた方は

僕のメールアドレス todairyunen@yahoo.co.jp

LINE@のアカウント 

友だち追加

TwitterアカウントのDM 

「生きやすい社会を作るコミュ障の会」代表(当ブログ管理者)のアカウント

twitter.com

twitter.com

などに連絡して頂けると幸いです。

 

また、メンバー集めにはネットでの拡散や口コミなどで行うしかないと考えています。

もし「メンバーになるのはちょっとな・・・」と思った方であっても、僕のアイデアに共感して頂けたなら、この記事を拡散するだけでも嬉しいです。

 

よろしくお願い致します。